日蓮宗大乗山 妙林寺

妙林寺の由来

妙林寺について

妙林寺は大乗山を山号とし、通称は三門(ミカド)の妙林寺と呼ばれている。
当初は鳥取にあったが、備前池田光仲公と因幡池田光政公とのお国替えの時に、慈雲院日意上人が光政公に従い約380年前の寛永9年(1633)旧山崎町に寺院を創立したのがその起こりである。

その後、約330年前の貞享3年(1686)2月第6世一往院日周上人の代に現在の地に移転し、約280年前の元文元年(1736)に現在の本堂・祖師堂・番神堂・鐘楼堂・仁王堂・山門・庫裡などを建立して現在に至っている。
昭和56年の宗祖七百遠忌を奉讃して本堂の大修理をはじめ諸堂大修理(昭和大修理と称す)を行った。
その後、平成8年に大客殿を建立し、同16年には本堂内陣の大改修を行って広く明るい御宝前となり、さらに平成26年(2014年)には仁王門の大改修を行い、夜間はライトアップされるようになった。

多くの堂屋が立ち並び、多大なる檀信徒に支えられている中四国最大の大寺院である。

境内のご案内

本堂
本堂
建坪は110坪あり、約300坪の大屋根を有する県下随一の建築であります。

第6世一往院日周上人の代に現在の柳川交差点から移転しました。池田公の命により禅宗の「石井寺」を日蓮宗の「妙林寺」として使用する事となりました。
しかし、妙林寺は檀家様が多いので広い本堂が必要でした。そこで石井寺の本堂と同じ広さを左と右に、そして前にも建て増しをして、大屋根を載せて、5倍の本堂としました。これは京都の清水寺と同じ手法です。清水寺は人々が拝む場所がなくなったので仕方なく舞台を作ったのです。
正面に掲げられている「妙林寺」の大きな額は、紀伊国屋文左ェ門の書師であった江戸時代の有名な書家佐々木文山の書であります。

祖師堂
祖師堂

建坪は23坪です。妙林寺第10世の浄眼院日慈上人の代(280年前)に建立されました。「祖師」とは日蓮宗の宗祖「日蓮聖人」のことです。正面の祖師像は篤信者である草野勘七師が堀の内妙法寺(東京都杉並区、日蓮宗で一番有名な厄除け寺院)より拝戴した「やくよけ日蓮聖人のご尊像」です。
毎月1日には朝9時〜夕方5時まで「常経」を行い、30分ごとに各種祈願の受付を行っています。
正面の「マニ車」は転経器(てんきょうき)とも言われ、『法華経』の肝心である「妙法蓮華経如来寿量品第十六」の「お自我偈」が書かれております。
どうぞお唱えしながらお回しくださいませ。

仁王門
仁王門

門の上に掲げてある「大乗山」の額は藩主池田治政公(光政四世の孫)の書であります。
平成26年(2014)には大改修を行い、夜間はライトアップされるようになりました。
口の開いた阿形(あぎょう)と、口を結んだ吽形(うんぎょう)の「仁王様」を左右に安置しています。筋肉で力強い風貌から「健康・長寿」の神としてお寺を守っています。
私たちは「おぎゃー」(あ)と生まれ「んー」(ん)と死んでいきます。仁王様は人の一生の「生老病死」を表した姿でもあります。
仁王門をくぐりお寺でお参りし、人生の悩み・苦しみを乗り越えた幸せを感じましょう。

山門
山門
唐破風の切妻造りで、扉は1枚ケヤキで出来ている三門の形態をした、非常に珍しい様式です。
大客殿
大客殿
平成14年の立教開宗750年を慶讃し、檀家様の御寄付により、平成8年に完成。延建坪316坪。スロープ・エレベーターを設置し、全室イス席でお年の方にも優しい建物です。1・2階とも会議、御葬儀、御法事控室などに使用できます。 特に、音響、照明の設備はすばらしいので結婚披露宴を行うこともございます。
永代墓
永代墓
永代供養のお申し込みをされたお方で、お墓の形式の供養を希望される方々のために建立されました。
雲龍水龍の天井のガラス絵
雲龍水龍の天井のガラス絵
御宝前の天井絵 招福絵師 園山春ニさんが ガラスに特殊な技法で描かれた龍の天井画です。絵の具に使われた水は身延山のわき水を採取、使用しました。
雲龍水龍の天井のガラス絵
本堂内陣
多宝塔の中から、お釈迦様が法華経を説かれているお姿を具現化しています。 宗祖の体内には御真骨が奉安してあります。
写真をどうぞ
写真をどうぞ
上田幸林さんが描いたものです。お参りの記念にお写真をどうぞ。
妙林寺太陽光発電システム
妙林寺太陽光発電システム
無尽蔵とも言える太陽光を使用し、有害なガスや騒音、振動を出さないので地球に優しい発電システムです。妙林寺は地球温暖化防止に協力しています。
さすり大黒
さすり大黒
お腹をさすりながら「南無妙法蓮華経」と唱えてお願いごとをすれば、そのお願いはかなえられます。

ページ上部へ