日蓮宗大乗山 妙林寺

子供が楽しめるイベント・うれしい空間

子供が楽しめるイベント

節分大黒祭り「鬼退治」 2月上旬の土曜日か日曜日

節分の行事は、本堂でお経をした後に「赤鬼と青鬼」が登場します。小学生までの子供たちに出てきてもらい、「鬼退治」をしてもらいます。
鬼を退治して、福を呼び寄せましょう。
参加してくれた子供たちにはプレゼントもあります。子供たちの力で「福」を呼び込みましょう。



泣き相撲大会・だんじり稚児行列 4月上旬の土曜日か日曜日

4月8日はお釈迦様のご誕生をお祝いする「花まつり」(おたんじょうび)です。妙林寺では「花まつり」の行事を子供や保護者が参加しやすい土曜日または日曜日に行っています。 「泣き相撲大会」は、赤ちゃんの泣き相撲、泣いたら勝ちのルールです。参加資格は歩き始めくらいまでの赤ちゃんです。(歩き出すと意外に泣きません)一生に一度の貴重な経験ですので、是非ともご参加くださいませ。 「稚児だんじり」は子供たちに「お稚児さん」の特別な衣装を着て、ご誕生のお釈迦様の仏像を乗せただんじりをひっぱって、太鼓をたたきながら回ります。泣き相撲とは違い、稚児行列は毎年参加できますので、子供の成長記録にもなります。お稚児さんの衣装は男の子用と女の子用で異なります。ご家族の皆様もカメラを忘れずにご参加くださいませ。



妙林寺一日寺子屋 7月の夏休み

毎年テーマがあり、子供たちがお寺で楽しみながら、お寺だからこそできる寺子屋教育を行っています。
小学校2年生から6年生が対象で、中学生や高校生のジュニアスタッフも頑張って手伝ってくれています。
他の学校の友達とも出会え、すぐに仲良くなれます。夏の思い出の1ページを作りましょう。



おおみそか「お火たき・除夜の鐘」 12月の冬休み

妙林寺の除夜の鐘は明るいうちに始まり、夕方には終わります。多くの子供たちにおおみそかの風情を味わっていただきたいという住職の願いから、安心・安全な早い時間にさせて頂いております。
深夜ほど寒くなく、明るい時間帯なのでお年寄りにも安全です。(時間は年によって変わる場合がありますので、ホームページなどをご確認ください。)
鐘をついたあとには、大人も子供も記念品をご用意させて頂いております。当日は子供対象のミニゲームもあります。(こちらも年によって違いがありますので、ホームページでご確認ください。)みんなで鐘をつき、新年を迎えましょう!



子供にうれしい空間づくり





ページ上部へ